【現役フリーランスが解説】ココナラで仕事を受ける方法

webデザイナーとしてスクールは卒業したけれど、なんのコネクションもなく仕事につながらない。
そんな方も多いのではないでしょうか?

スポンサードリンク

はじめに

私自身、周りにデザイン関連をしている友人はいません。

個人事業で仕事をしている友人もいないので友達価格でお仕事受注、なんてこともできませんでした。

どこから仕事を受けられるのか全く検討がつかない中で、登録したのがココナラです。

ココナラで仕事を受けられるのかどうか、実際に体験したことをご紹介しますね。

ココナラってどんなサービス?

TVCMで話題の【ココナラ】無料会員登録はこちら

個人のスキルを売り買いする総合ショッピングサイトです。webデザインのような画像制作やHPサイト制作の他にも、出品されているスキルはたくさん。

日曜大工のお手伝いやただ、話し相手になるだけなんていうものもあります。こんなものまで出品できるの?といった面白いスキルもたくさん。

ついついお願いしたくなるような魅力的なスキルを持った方がたくさん見つかるサイトです。

基本は、相手から応募してもらうのを待つスタイル。副業の仕事をココナラで受けている人も多いです。

スポンサードリンク

ココナラに登録したらまず画像用意

ココナラでお仕事を募集するには、ココナラの中に自分のページを作る必要があります。

プロフィールを整えるのはもちろんですが、特に大事なことは画像を用意すること!

用意する画像、実はたくさんあります。

  • プロフィール画像
  • カバー画像
  • 出品サービス画像
  • ポートフォリオ

応募者は、目から入る情報を頼りに応募して来れます。特に、バナーなど画像作成サービスを提供するならこだわりたいところです。

手を抜くわけにはいきませんね!

まだ案件を受けたことがない、という方もポートフォリオは用意したほうがいいです。

ココナラはライバルがたくさん!作品例がないままだと、あっさりふるい落とされます。

架空サイトでも構わないので、たくさん用意するのをおすすめします。ただ、練習用に作った「模写」は載せないようにしましょう。

ココナラでお仕事をもらう方法

プロフィールもサービスも登録も完了し、あとはお仕事を待つばかりです。

でも、待つだけでは仕事って全然入ってこないんです。

スポンサードリンク

待っているだけではお仕事は来ない

webデザインのスキルを出品している人、沢山います。
試しに「バナー」で検索してみてください。

1000件以上出てくるはずです。

しかも、この中にはすでにココナラを活用した集客方法を確立している猛者たちもたくさんいます。

もちろん、検索トップに表示されるのもそんな猛者ばかり。

ルーキーは見つけてすらもらえないんです。

「お試し価格にして値段を下げればいいかな」

と思いましたが、同じ考えのルーキーはたくさんいます。

しかも、ココナラは最低価格が設定されています。
他と比べて、著しく安い値段を設定して初回のお客さんを呼ぶということができません。

何もせず仕事が舞い込むことはほぼ無いと言ってもいいでしょう。

SNSを味方につける

ココナラでお仕事するなら営業する必要があります。

営業の方法は色々ありますが、SNSを活用するwebデザイナーはたくさんいます。

私もその一人です。

主にインスタグラムを活用しています。

営業って聞くと怖いですが、やっていることは単純です。

アカウントを作り、得意な世界観がわかるような投稿を続けるだけ!

投稿には、ちょっとしたお役立ち情報(tips)を載せると、アカウントをフォローされたり、ブックマークしてもらえたりしますよ。

SNSでやりとりをし、実際の案件の注文からはココナラへ誘導するという方法をとっています。

お金のやり取りはココナラ上でできるので安心です。

一度発注をうけると、ココナラの実績のカウントにも反映されますよ。

SNSを通すと、気軽に声をかけてくれる人も多いです。

ぜひ、ココナラのアカウントを作ると同時に、SNSのアカウントも用意してください!

TVCMで話題の【ココナラ】無料会員登録はこちら

まとめ

駆け出しwebデザイナーとして、仕事を受けられる場所が見つからないという方は、ココナラを活用してみてください。

そのときは、

  • プロフィール画像やサービス画像はとにかく凝る!
  • ポートフォリオは用意する
  • 集客の営業はSNSを活用する

最初は多くても問い合わせは月に1〜2件です。

続けていくことでリピーターさんがついたり、評価が上がって検索に乗りやすくなったりと変化が起きます。

あきらめないで続けてみてください!

最新情報をチェックしよう!